ちいろば日替わりランチは…

相変わらず今日は暑かった…という一日で終ることはなく、夕方から徐々に雲行きがかわり次第にぽつぽつと雨。それからずっと雨模様。やはり雨が降るとぐっと気温が下がる。とはいえお昼時は陽射しが眩しかった。その光を浴びて庭の木々がきらきらと見えるこの時期。真夏のじりじりと肌に刺さるような陽射しではなく、柔らかい陽射しを浴びるこの時期の紅葉は美しい。

DSC_0830

夏本番ではないけれど『ちいろば日替わりランチ』は少しずつ『暑さ』を意識したメニュー作り。例えば、火曜日は、ツバス、サバ、なすの揚げ浸し。『南蛮付け』よりは優しく、でもさっぱりといただけるようにカラッとあげた魚を、出汁をしっかりとったつけ汁に投入。なすは素揚げに。

DSC_0840

副菜は2品。ひとつは、春キャベツと小松菜の胡麻和え。すり胡麻を使うのではなく、すり鉢で摩った胡麻を使用して。もうひとつは、にんじんを厚手の鍋でじっくりと蒸し煮にした塩きんぴら。少しのごま油、海の精、こしょうだけで味付け。

IMG_2060

それから、出汁からとった味噌汁には生麩、エノキ、みつ葉を入れて。ご飯は滋賀県の農家直送の江洲 田上米を使用。もちろんお漬物も自家製。

DSC_0838

いつもいつも手作りで。ひとつひとつ丁寧に。

IMG_2058

 

 

 


Comments are closed.