『ちいろば日替わりランチ』でひな祭りの雰囲気を…

3月3日(火)ひな祭り。何年か前までは、ちらし寿司を作っていた『ちいろば日替わりランチ』。でも今年は違うメニューにした。『お寿司は個々の食卓で食べるから』と、お客様に言われたことがあったから。

それらしい雰囲気で。とは思うものの、『はまぐりのお吸い物』『菜の花』でとは、難しいので、ほんの少しでもソレらしい気分を味わってもらえたらと…

IMG_1518

やたら元気な『ほうれん草』を近所の八百屋(八百考)さんで見つけて、菜の花のかわりの青菜に。これを、木綿豆腐、金時人参、鰹節でとった出汁、そして、調味料で味を整えて一品に。

IMG_1525

お吸い物とは、いかないので、出汁からとって、味付けしていない味噌を使い作ったお味噌汁には、三つ葉と、手まり麩と、沈んで隠れたわかめ。

IMG_1535

煮物には、京都の錦にあるお店の生麩。近江八幡名物の赤い色のこんにゃく。などを入れた煮物を田楽味噌で。肝心のメイン料理は、からす鰈のフライに、自家製あんをかけ、白ねぎをのせて。やっぱり主役はご飯がすすむ『おかず』でなくては!

そして、ご飯は声を大にして言いたい、滋賀県江州 田上米 キヌヒカリ100%のお米。農家さんからその都度、連絡して注文すると、精米して送ってくださる仕組み。このご飯がおいしい!!箸休めのお漬物は、今日は春キャベツ。

はて、今日は感じ取ってもらえただろうか。ひな祭り『桃の節句』の気分を…。

・・・

その日、その日を大切に。そんな気持ちで『ちいろば日替わりランチ』を手作りで。いつもいつもきっちりと。『美味しい』と思っていただけるお昼ご飯にするために。

さぁ明日は何をつくろうか?

 

 


Comments are closed.